Alternative991's Blog

アニメで気になった描写の忘れ形見

『A KITE』 バスケットボールと殺し屋の因果

※『A KITE』の根幹に関わるネタバレあり
 
梅津泰臣監督の『A KITE』と『KITE LIBERATOR』を視聴。どちらも観ていて「次は一体どうなるんだ」というわくわくが次から次に裏切られ激化していく心地よさがある作品だった。
『A KITE』の最後については解釈に幅があるので各々の思うところがありそうだけど、個人的に気になった箇所をバスケットボールを中心に抜粋。

続きを読む

『響け!ユーフォニアム』第7話の芋と牛乳描写

この回は晴香の涙に集約するような水の演出*1が印象的だったほか、日常の小芝居にも力が入っていて見応えがあった。その中で特に好きだったのが小笠原晴香と中世古香織の間柄が表れていた芋と牛乳のシーン。
 
f:id:Alternative991:20160510005230j:plain

*1:どちらも零れ落ちるもの

続きを読む

『響け!ユーフォニアム』第9話 引き戸と心の境界線

第8話の大吉山、本当によかったよね。うん、僕も堪らなかった。そして続く第9話では大吉山の一件以来彼女らの距離がどう縮まっているかが垣間見れるのがまたいいんだ。
 

続きを読む

うるし原智志の瞬き描写 ~ 『レーカン!』OPと『プラスチックリトル』 ~

特徴的な描写

アニメ『レーカン!』(2015年)OPに艶があっていいなと思っていたら、EDクレジットにうるし原智志さんの名前があって驚いた。
うるし原さんといえば僕にとっては伝説的なおっぱい描写で名高い『プラスチックリトル』(1994年)の存在が大きいのだけど、『レーカン!』でも髪の毛や瞬きといった描写にらしさがあったと思う。

続きを読む

『化物語』第9話「なでこスネイク 其ノ壹」 鞄の置き方について

監督:新房昭之 絵コンテ:杉山延寛 演出:大沼心
 

参考書を買いにジュンク堂書店に来た阿良々木暦と羽川翼。「大沼演出回だ!」とわくわく視聴しながらこの2人の距離感と鞄の置き方が素敵だなーと思った。
ここでは羽川の鞄(気持ち)は横隣の阿良々木の方を向いているのに、対する阿良々木の鞄は前方(戦場ヶ原)を向いたうえで羽川との間に壁を作っているように見える。
 

f:id:Alternative991:20160130125846j:plain

続きを読む